マルビシの歴史

  • 1967年(昭和42年)

    マルビシの前身である木山内装を長津田で創業
    “木山”は創業者の生家、新潟県新潟市西区木山の地名から命名

    木山内装の店舗
    木山内装の店舗
  • 1969年(昭和44年)

    永大産業によるツーバイフォー(2x4)工法、実大住宅実験が開始される

  • 1971年(昭和46年)

    日本初の2x4工法住宅販売開始

    建築基準法第38条大臣認可を取得
    日本初の2x4工法住宅(商品名:ED工法)販売開始

  • 1972年(昭和47年)

    マルビシハウス(株)創立

    2x4工法の将来性に着目し マルビシハウス株式会社を創立

  • 1974年(昭和49年)

    日本で2x4工法がオープン化

  • 1976年(昭和51年)

    マルビシが三井ホームビルダー(施工店)として登録

  • 1978年(昭和53年)

    アメリカ合衆国へ初めての海外研修参加。

    本場の2×4工法に触れる。
    本場の2×4工法に触れる。
  • 1981年(昭和56年)

    マルビシ2x4住宅施工現場の様子。

    1981年 当時の2×4住宅施工現場
    1981年 当時の2×4住宅施工現場
  • 第一回安全大会実施。1981年から現在に至るまで、毎年一回全ての職方さんと現場の安全や、健康維持について話し合う会議を実施している。また、毎月開催している安全品質工程会議では、現場での事故防止や施工品質を向上させるための会議を行っている。

    1981年 当時の2×4住宅施工現場
    1981年 第一回安全大会
    1981年 当時の2×4住宅施工現場
    1996年 安全大会
    1981年 当時の2×4住宅施工現場
    2016年 安全大会
  • 1985年(昭和60年)

    カリフォルニア 海外研修

    サンディエゴの建売現場視察
    サンディエゴの建売現場視察
  • 1986年(昭和61年)

    建築バブル時の大工不足を解消する為 当時の厚生省と折衝し、日本初のカナダ人大工を外国人労働者として迎える。その後、国内でカナダ人大工の派遣が大流行となる

  • 1987年(昭和62年)

    社員大工制度導入

    社員大工制度C&J事業部を発足し、慢性的な大工不足に対応。当時の社員大工は独立し、現在もマルビシの専任大工として活躍している。

    サンディエゴの建売現場視察
    輸入住宅現場にてスウェーデンから招いた技術指導者と社員大工
  • 1990年(平成2年)

    株式会社マルビシへ社名変更

  • 1990年(平成2年)
    2003年(平成15年)

    三井ホーム 三友ビルダー会連合会会長歴任
    ※三友ビルダー会は全国の三井ホームビルダーで構成される組合いです。その中で最も模範的なビルダーから会長が任命され、三井ホームの品質維持・向上のために全国各地のビルダーを牽引しています。

  • 1992年(平成4年)

    創業20年の節目に本社ビルを建設

    マルビシ創立20周年式典
    マルビシ創立20周年式典
    本社ビル建設
    本社ビル建設
  • 1995年(平成7年)

    スウェーデンにあるSJODALSHUS社のパネル工場視察

    北欧の最新断熱技術を学ぶ
    北欧の最新断熱技術を学ぶ
  • 2012年(平成24年)

    株式会社マルビシ 創立40周年

    マルビシ創立20周年式典
    創立40周年記念式典
  • 2013年(平成25年)
                 

    施工実績8,000棟を超える



  • 現在に至る