• TOP
  •  > 注文住宅で押さえるべきポイント
マルビシ大木が答える 注文住宅で押さえるべきポイントって何? マルビシ大木が答える 注文住宅で押さえるべきポイントって何?

それって建物の金額? 
それとも総額?

注文住宅の見積りを依頼する時に、注意すべきことは何ですか?

「建物は大体坪いくら位ですか?」と質問されるお客様がよくいらっしゃいますが、建築会社によって坪単価に含める項目が異なりますので、建築の総額がいくらになるのかという観点を持つことをお勧めします。

例えば、予算が2,000万円という場合に、建物本体に2,000万円かけられる訳ではありません。見積には建物本体工事/付帯工事(ガス・水道・電気などのインフラ工事)/設計料/地盤改良費/外構/照明/空調などの施工費、また火災保険、登記費用など様々な項目があります。建築会社へ見積を依頼する際には、何が見積に含まれ、何が別途費用なのかしっかりと確認する事が大切です。

             注文住宅で押さえるべきポイント
どんな費用が掛かるか詳細を把握することが必要です

マルビシで予算計画は
作ってくれるんですか?

もちろんです。建築の広告では建物の本体価格だけを打ち出している場合があります。初回の打ち合わせですべての費用を説明しないこともあるようで、他社で説明を受けてからマルビシへ来られて「え?そんなに色々掛かるんですか?」と仰られる方も多々いらっしゃいます。

弊社では、初めに諸経費を含めたトータルコストをお話しするようにしています。諸経費はどの会社でも同じようにかかるもの。隠しても仕方のない事ですし、お客様の事を想えば先にお知らせしておくことが重要だと思います。早い段階でご自身の予算と、トータルコストを照らし合わすことができれば、建物本体にいくら予算を割けるのか明確になります。その上で、どんな家にしたいのか考えて頂くのが良いと思います。

注文住宅の相場はありますか?

当たり前のことですが、どのような内容の注文住宅を、どんな会社で建てるかで大きく変わります。建物本体が20万/坪~100万円/坪まで様々な為、一概に相場をお伝えするのは難しいですが、家の建築費用を車に例えて頂くとわかりやすいかもしれません。

例えば、100万円の乗用車も1,000万円の高級車も人を乗せて走る機能に違いはありません。ただ、走行中でも静かな車内、ストレスのない加速、いざという時の安全装置、高級な革張りシート、素敵なデザイン、広々した車内。その他に独自の開発技術、一流の技術者や気の利く営業マン、きめ細やかなアフターフォロー、会社の知名度。様々な要素で価格は異なるものです。逆を言えば、価格が違うのには理由があります。ぱっと見ではそんなに変わらない事も多いですが、様々な角度から価格によって何が違うのか確認してみて下さい。

ちなみにマルビシへいらっしゃるお客様のご予算は1,600万円~4,000万円位と幅広いですが、それはお客様のご要望に応じて様々な仕様/デザインの注文住宅をご提供できるからです。まずは建物全体のご予算と、ご要望の優先順位を整理してお伝え頂くとお打合せがスムーズです。

お客様からよく聞かれることは
何ですか?

「メンテナンスがかからない家にしたい」と仰る方が多いです。実際、フリーメンテナンスを謳い文句にしている会社もあります。ただ、完全にメンテナンスが必要ない家は残念ながら存在しません。高耐候を謳っている住宅でも、20年ほどするとどうしても防水面や様々な所に要修繕箇所が出てきてしまいます。また、施工がしっかりしていなければ元も子もありませんので、その会社の評判も含めて総合的な判断が必要です。マルビシでは幅広い仕様からお客様のご予算や立地など様々な条件に合わせて、最適なご提案をさせて頂きます。

             細かなメンテナンス
細やかなメンテナンスが大切です

どうしたら思いどおりの
注文住宅がつくれますか?

デザインは、どのように
決まっていくんですか?

頭の中のイメージを具体的に説明する事は難しい事ですので、まずはお客様がどんな家で、どのように過ごしたいのか丁寧にヒアリングさせて頂きます。お客様の中には、気になる写真をスクラップブックにまとめてお持ちになる方もいらっしゃいます。そしてヒアリングさせて頂いた内容を元に設計図をおこします。 図面をみると一気に想像が膨らんできますので、そこで改めてご要望をお伺いしながら、設計図面をどんどん理想のカタチに近づけていきます。 また、お客様の理想の内装デザインも多岐にわたりますので、もし弊社の標準的な仕様でご満足頂けない場合は、「限られた仕様の中から選んで下さい」ではなく、様々なメーカーからお客様のイメージに近いものを選び出し、ご提案するようにしています。

永く愛着をもって住んで頂きたいですから、後悔のない家づくりを楽しんで下さい。

             本気の想いに応える
お客様の本気の想いに応えます

担当者選びは大事ですか?

会社選びと同様に、担当者との相性はすごく大事だと思います。自分がやりたいことを理解してくれない担当者だったら、ストレスが溜まりますし楽しい家づくりなんてできないですから。

ご契約される前にこだわりを持っている部分を全て話してみて下さい。
そして、その担当者が自分のイメージを理解してくれているのか、それを本当に実現しようとしてくれているのかを見極めることが必要です。これから何ヶ月にも渡って付き合う相手ですから、「信頼できる!」と思える人に依頼してもらいたいです。

             担当者とお客様
お客様と担当者の信頼関係がよりよい家づくりにつながります

満足できる家をつくる
ポイントってなんですか?

満足する家って、思い入れがある家だと思うんです。
ですから、家づくりの過程を思い切り楽しんで頂きたいと私は考えています。
中には、お仕事が忙しかったりして、家族間でどんな家にしたいのかあまりお話できていないお客様もいらっしゃいます。そのまま進めてしまうと、家づくりが他人事で楽しくないものになってしまうので、ご家族内でのイメージの共有が足りていないと感じた場合は、打ち合わせを無理に進めることはせず、それぞれの要望を話し合う時間にして頂くこともあります。

後々、「この壁の色で夫婦喧嘩したね」とか「このドアノブ、夜中まで考えたよね」など、すべてが思い出になりますから、沢山お話してとことんこだわって頂きたいなと思います。

最後に 
大木部長にとって家づくりとは?

「大木さんは本当に家づくりが好きなんですね」と何人かのお客様に言われたことがあります。お客様と沢山話し合って、一緒に想像を膨らませながら出来上がった設計図が、だんだんとカタチになっていく様は非常に感慨深いですし、自分の家をつくっているようにワクワクしますね。 これからも沢山のお客様と一緒に、楽しい家づくりをしていけたら幸せだと思っています。