NO.S-75 川崎市

ポイント

  1. 1

    オーナーのご要望で全面道路から建物を後退することでガレージエリアとエントランスエリアを共有でき、玄関までのアプローチの広がりを持たせることが出来ました。

  2. 2

    室内では生活観をあまり見せないようにする為、できる限り収納スペースを作り収納部分もインテリアと調和できるように考えました。

  3. 3

    無駄を省きスマートでかつ 品のあるご夫婦のライフスタイルを描いたような住宅に仕上がりました。

Data

邸名
K様邸
構造
2x4(ツーバイフォー)工法
場所
川崎市
延床面積
117.11㎡
家族構成
ご夫婦