NO.S-136 横浜市緑区

ポイント

  1. 1

    敷地に余裕はないものの希望の間取りが4LDKであった為、小屋裏スペースを最大限に生かして実現。

  2. 2

    これまで出し入れしづらかった縦列駐車場を南から北道路側に移したことで、隣地側に迫ったリビングの採光が確保されるよう吹抜けを採用

  3. 3

    建て替え前の不便さをすべて解消できる満足の間取りとなった。

Data

邸名
A様邸
構造
2x4(ツーバイフォー)工法
場所
横浜市緑区
延床面積
80.11㎡
家族構成
ご夫婦+子供2人